Shu

記事一覧(66)

娘の一言…

うちの娘が「最近、何でパパ笑わないんだろう❓」「どぅすれば良いのかなぁ…❓」「私は、何もできないから…」と、いきなりママに言ったそうな。思い返せば、最近、仕事の多忙を理由に毎朝彼女たちが寝ている時間に仕事に行き毎晩遅くに帰宅帰った頃には皆が就寝中…たまの休みに一緒にいたと思えばイライラあれもやれこれもやれもうおねぇちゃんなんだから1人で出来るだろう!!私は決して怒ってなんかいないが怒った顔と同じで笑わずに会話しているのかも…自分が幼かった頃父と母は仕事で不在。夜はばぁちゃんとじぃちゃんの間で寝ていた両親は、バブルの絶頂期仕事も今の3倍以上あって寝る間も惜しんで働いてくれていた当時は、そんな沢山の愛情を注がれているにも関わらず贅沢なほどに…そんな事も分からずただただ、寂しくて淋しくて子供ながらに自分は両親にとって不要なのかもと思ったりもしていた…自分の子にはそんな思いをさせまいとそう思っていたのに…やっている事、同じやんか…という事で、今宵は、日を跨ごうが、何しようが子供達とも笑って話をした。結論、いつもこんな気持ちを大切にしよう。それでなくても親が子供達と過ごす時間はそんなに長くはないのだから…貴重な時間を大切に扱えるように自分でコントロールしよう。人生は選択の積み重ねだ。選択しているのは他の誰でもない。自分自身だ。だから、大切にしたい人を、大切に。守るべき人を、守れるように。自分で準備しよう!!本日も、貴重な時間を使い読んでくださりありがとうございました。

相手に伝えるため

沢山の事を今この瞬間に伝えたいと思っていても相手持っている受け皿にも容量というものがある特にイメージが湧きづらいモノについては具体的に想定出来ないと頭にスッと入ってこないそれでなくても、知り得た知識はその日のうちに6割近くは忘れてしまうのが脳の構造だ。もらった資料を説明されて分かった気になっている瞬間が1番理解している状態。そこから先は忘れていく一方そもそも貰った資料やメモをその日のうちに見返す行動をするのは10人いたらせいぜい1人いたらいい方だと言われたりもする。どれだけ、そのテーマにおいて本気の人がいるかによってこの数字は幾らでも上がる可能性はあるが…少なくとも講義中、どこを読んでいるかわからない資料を探しているだけで疲れてしまうような伝え方はやりたくなかったが一部対策を整えて改良を加えた方が良さそうだ。見ているモノが違う状態や相手が資料を探している状態、集中力を切らした状態で伝えても、耳には聴こえるが頭には入って来ない…自分ごととして、興味・関心を持った事面白い・ワクワクするなという内容でないと正直、右から左に通過するだけ心にストンと落とす為には、感情の動きや、共感を与える仕掛けを随所に準備して臨まなければお互い疲れてしまう。そもそも個人事業主の集まりだからみんながライバルだと思う人も少なくない世界だが、そんな事はどうでもいい。相手がシェアしてくれないと嘆く前に自分からシェアしようと、とうに決めている基本を学ぶ上で大切なのは『伝えすぎないこと』情報を伝えすぎる事で、逆に情報が薄まってしまう感覚を今日は学んだ要点を絞ることで伝えるべき相手にも、もう少し深く刺さる。相手の立場にあった伝え方がきっとある。情報提供する場ではなく『思いや考えを語る場』一方的に話をすればいいものではない伝える為には、話す以外にもやれることはたくさんある。聴き手側の反応をイメージし、予想しながら準備する事が大切子供の「抱っこして!!」に近い今やってもらいたのであって、別の違う事を、その場で提案してもほとんどが却下スキンシップや愛情を求めている時によくある。今の気持ちを素早く満たしてあげてはじめて次のステップに進める話は戻って深掘りするような講義の結果が出来るように次回に生かせればと思った。本日は、産業廃棄物の研修にご参加くださった方々本当にありがとうございました。伝えるべき基本事項が見えづらかったかもしれない。それでも、1人でも多くの方が、実際にさらなる探究心をもって次の小さな行動に繋がってくれたらこれ以上の嬉しい事はありません。

【でもでも星人からの脱却】

目の前にいる人を喜ばせることが夢をつなぐキッカケになる!本日は、中村文昭さんの語ってくださっている大好きな言葉達集です。人から学ぶ人は、学校や塾に行っておけば手取り足取り教えてくれるからと思う。自分自身への考察をしないまままわりに自分がやらない理由を押しつけて行動できないのはほかの世界中どこへ行ったって根の生えない人材になってしまうお前じゃなきゃダメだといわれるように行動したか?唯一与えてもらった仕事を相手をビックリさせる位のスピードで成果を出したか❓みんながバカにするような最低の仕事や雑用にこそチャンスがあるどうせやるならチンタラやっているより日本一の雑用をしてみぃやとことん開き直って目の前のことを一生懸命やったのか❓イヤイヤ愚痴いいながら目の前の事をやっていたって誰も見向きもしないむしろみんなが不快に思うだけ行動しないのは何もしていないことと同じ要は、お前の存在はいないのと同じ返事の前に、でも、だってと屁理屈と自分の都合が先かぁ。一生ついていくと決めて自分が信じた人間へは0.2秒で返事してみせろあなたにノーはありません。と行動で示そう小学生でも出来ることをただただこなしたのでは頼んでくれた人に失礼ただこなしたことは、仕事ではなく、作業に過ぎないあなたの予測を上回らないと自分が頼まれた意味がない自分がやる意味がない覚悟を持って雑用や頼まれごとに望もう👍行動の邪魔をする3つのDワードでもだってどうせは運を遠退ける3つのDワードこの3つのDワードを だから『こそ』に変換して 自分みたいな人間だからこそ〜田舎だからこそ〜考え付くこと、できることがある自分に頼んでくれたのだから次の行動に移そう🎵そしたら、少しずつでも毎日の選択が変えられるデッカい世界観を持ちながら毎日のコツコツを積み重ねていこう毎日の選択の積み重ねが未来を変える鍵になる。でもでも星人からはとっとと卒業してしまおう本日も、大切な時間を使って呼んで下さり心から感謝致します。

ライト🔦をどこに当てている❓

子供たちには、前よりも少しでもできたところを見つけてそれを伝える。  「ダメ」と言いそうなところを一瞬踏み止まり再構築この場合は何て言うと効果的だろう、と思考をもう一ひねり 少し踏みとどまって思考すると、良い言葉が選択できるようになります。 これができるようになると自分の子どもとも関わりのあるどんな相手とも心地よい関係になれるはずです。 しかも子どもの思考はシンプルなのですぐにやる気になってしまう(笑) 私は、子どもが私の一言で喜んで元気になって調子に乗ってくれるのが嬉しくて嬉しくて実験しています。溢さないように。とかぶつかって怪我するよ。みたいなマイナス単語ではなくシッカリ持って。とかシッカリ前を見て歩きな。みたいなプラス言語に変換できると世界は少しずつ変わっていく。  これを実感してからふと気が付きました。  自分に言ってあげてる?  意外と盲点だったのがここでした。  自分がんばってるよね。と、改めて感じると子どもにも相手にもさらに褒めることを強化していける。  自分にも人にも「頑張ってるね」と褒めていくことが人を元気にさせやる気にさせる究極の秘訣自分の幸せのコップが満たされてないと周りの相手にも、愛を注げない!!褒めるためには、相手にちゃんとライトを当ててあげないと褒められません…🔦✨本日も読んでくださりありがとうございました🍀

【気づくための出来事】

慢心による失敗気の緩みからくる失敗そもそも 予期せぬ出来事💣✨失敗と認めなければ、失敗にならないと思っているタチだが立て続けての緊急の対応のお客様案件身内の手術車をぶつけられて我にかえる…目の前の出来事は何かに「気付く」ために起こる!!特に、突発的な事故が起こりまわりの人への感謝健康についての見直し普段からの心構えが露骨に影響する慣れや慢心している時に、こういう事件が起きるかたやチャンスを掴む人には、余裕がある。なんでだろうなと考えた…それは、来るべき時の為に、先まわりしてもうすでに段取りしていると気が付く余裕のある方は、目の前の問題に、素早く取り掛かって行動する。さらに次の行動の見通しを立てて準備している。だから、選択の際には、微塵も迷いはない。無意識で迷っている時は意外と長い時間を費やしてしまっている今、目の前の事に最大限  集中する大切さと、それと同じくらい先まわりして具体的にイメージしておく大切さに気が付いた行動出来ている人には、強い思いや情熱に繋がるエネルギーを持っている。それは普段は目に見えずに隠れているけど、ほぼ高い確率でエネルギーを生み出し続けている要因があるように思う悲しいかなそれは大切な人の死や、病気などの経験からの気付きが関係している事が多いと感じる。私は、子供達を見ていると、色々見えてくる。危ないからやらないという選択はないし、そもそも不可能なんて言葉すらない。大抵、制限してセーブしてしまうのは自分自身の心だ。のびのび自由な発想で毎日の謙虚な対応と目の前の事に誠実に、少しの背伸びを忘れずにいこう。地元匝瑳市でBAR JOJOのマスターの所にやっとお邪魔出来た。また元気を貰いに行こう🍸✨本日もお読み頂きありがとうございました🍀

【笑うから楽しくなる】