相手に伝えるため


沢山の事を
今この瞬間に伝えたいと思っていても

相手持っている受け皿にも
容量というものがある

特にイメージが湧きづらい
モノについては
具体的に想定出来ないと
頭にスッと入ってこない


それでなくても、
知り得た知識はその日のうちに
6割近くは忘れてしまうのが脳の構造だ。


もらった資料を説明されて
分かった気になっている瞬間が
1番理解している状態。


そこから先は
忘れていく一方


そもそも貰った資料やメモを
その日のうちに
見返す行動をするのは


10人いたら
せいぜい1人いたらいい方だと
言われたりもする。


どれだけ、そのテーマにおいて
本気の人がいるかによって
この数字は
幾らでも上がる可能性はあるが…


少なくとも
講義中、どこを読んでいるかわからない


資料を探しているだけで
疲れてしまうような
伝え方はやりたくなかったが

一部対策を整えて
改良を加えた方が良さそうだ。


見ているモノが違う状態や
相手が資料を探している状態、
集中力を切らした状態で

伝えても、耳には聴こえるが
頭には入って来ない…


自分ごととして、興味・関心を持った事
面白い・ワクワクするなという
内容でないと
正直、右から左に通過するだけ

心にストンと落とす為には、
感情の動きや、共感を与える
仕掛けを随所に
準備して臨まなければ
お互い疲れてしまう。


そもそも
個人事業主の集まりだから
みんながライバルだと思う人も
少なくない世界だが、
そんな事はどうでもいい。


相手がシェアしてくれないと嘆く前に
自分からシェアしようと、とうに決めている


基本を学ぶ上で
大切なのは
『伝えすぎないこと』
情報を伝えすぎる事で、
逆に情報が薄まってしまう感覚を
今日は学んだ


要点を絞ることで
伝えるべき相手にも、
もう少し深く刺さる。

相手の立場にあった
伝え方がきっとある。


情報提供する場ではなく
『思いや考えを語る場』

一方的に話をすればいいものではない
伝える為には、話す以外にも
やれることはたくさんある。


聴き手側の反応を
イメージし、予想しながら
準備する事が大切

子供の「抱っこして!!」に近い
今やってもらいたのであって、
別の違う事を、その場で提案しても
ほとんどが却下

スキンシップや愛情を求めている時に
よくある。

今の気持ちを素早く満たしてあげて
はじめて
次のステップに進める


話は戻って
深掘りするような講義の結果が出来るように
次回に生かせればと思った。


本日は、産業廃棄物の研修に
ご参加くださった方々
本当にありがとうございました。


伝えるべき基本事項が
見えづらかったかもしれない。

それでも、1人でも多くの方が、
実際に
さらなる探究心をもって
次の小さな行動に繋がってくれたら
これ以上の嬉しい事はありません。





〜未来メモ〜

未来ある子供たちへ 迷っている時、困っている時、暗く先が見えない時、 ほんの少しでも、道しるべになるようにと 「灯台」をモチーフにしました 育児や日々の体験・経験を通して、 出逢ったコト・小さな気付き・学びを ランダムに綴り送ります 大抵の事は笑顔で乗り切れる 未来の行動につながるメモになれば幸いです 〜 time is life 〜

0コメント

  • 1000 / 1000