【入院4日目】熱性けいれん重積〜入院グッズの準備〜

朝4時頃から目が覚めて
今日は少し咳が出ている

オシッコがオムツの許容量を越え
漏れてしまうため、
さらに点滴の量を減らしてもらう



熱は少し下がり落ち着いてきているが
なかなか痙攣どめの薬剤は
もう1日程度は
経過の様子をみないといけないようだ

顔色は赤みを帯びていないが
検温すると39℃を超えてるため
座薬を入れてもらうことした

座薬は嫌がらずにやらせてくれるので
看護師さんもびっくりするほどで
スンナリと処置が終わる

座薬は一度使うと6時間使えないため
出来るだけグズって眠れない時に
使う方が良さそうだ

12時頃
やっと眠りに落ちる


とにかく気を紛らわせてあげられる手段を
いくつかもっておく必要がある
周りの環境が許すなら

音が出るオモチャ
携帯でみるユーチューブ
ペチャット(黄色いボタン状の優れもの)
https://pechat.jp/
好きな絵本

今回は、すべてユーチューブに負ける…


うちでは感染力の強い
アデノウィルスに感染しているため
今のところ部屋には1人での
入院生活になっている

現状、両手からの点滴のため
指を使って遊ぶもの以外はなんだろう❓
と考えている


かろうじて起きてストロー付きの飲み物は
飲めるため、ペットポトルに装着できる
キャップ付きのストローは重宝します。

普通のストローは、飲み物によって
長さも考えなければならず
正直めんどくさいし、イライラしちゃいます

それだったらはじめから
ストロー付きのパックジュースを選びます
飲みきり出来る小さなもがオススメ
また、こまめな水分補給は大切だが…

糖分のあるポカリやジュースを
度々、口にしていると
口腔内を中和している時間がなくなるため
酸化して、虫歯になりやすくなる。

糖分アリの飲み物だけではなく、
お茶や🍵麦茶、お水など
できればカフェインレスで
睡眠を邪魔しない飲み物が
患者にとってはイイ筈です。


病室も乾燥しているため
唇がガッサガッサで剥けてしまいました。

身体はそこまでは大丈夫でしたが
オムツかぶれや床擦れ
点滴も刺しっぱなしであるため
皮膚のケアが必要です

時期もありますが、保湿グッズは欠かせません。


マスク、ウェットテッシュ、テッシュも必須。
ウチは小児なので
オムツセットと着替えは余裕を持って
洗濯やシャワーが可能な場所であれば
洗濯用品。
シャンプー、トリートメント、ボディケア用品。

歯磨きは、患者分はもちろんのこと、
看護する側の分も忘れずに…

身体を拭ける大きめのシート
清拭用タオルは、病院で提供してくれました。
医療用ということもあり。フワフワな触り心地で
嫌がることなくふけました。

子供は、入院中お風呂に入れないので
病棟の菌で水虫にかかってしまったりもするので、拭けるタイミングで吹いてあげるといいと思います。

あとは、綿棒、爪切り、体温計、鼻水取り、熱さまシート、看護者のための喉ぬーるスプレーなど適宜の状況によりご準備を

〜ドタバタ育自日記〜

未来ある子供たちへ 道に迷って困っている時、暗く先が見えない時、 困った時に、少しでも道しるべになるようにと 「灯台」をモチーフにしました 育児や日々の体験を通して、 出逢ったコト・小さな気付き・学びを ランダムに綴り送ります 〜 time is life 〜

0コメント

  • 1000 / 1000