【面倒くさいから早めに取り掛かろう】

続けることに力を注いでしまうから挫折する。

続けることではなく、
習慣にすることを目指せ。

やる気があるかどうか決めているのは、自分自身。

やる気は主観的なもので、単なる自分の考え。やる気が出ないと悩むのはやめて、単純な作業でも手を動かすこと。

あなたがやる気を失っても
誰1人として得をしないし、
ただあなたが損をするだけ。

面倒くさいから、小さな面倒は事前に潰しておく。
面倒くさいから逃げている限り、
次から次へと、やってくる。

負の循環を断ち切る為には、小さな面倒は、小さなうちに片付けておくことが、オススメです。

面倒くさいことは、時間が経てば経つほど大きくなり、ほうっておくと雪だるま式に増えていく。

大きくなった面倒ごとに対処するには、膨大な労力と時間がかかる。

それを避ける為には、できるだけ早いタイミングで手を打つこと。

問題が小さいうちなら、さほどストレスを感じることなく、前向きに対処できる。

究極の面倒くさがり屋になりましょう。

面倒くさがり屋であることは、恥ずかしいことではなく、あなたの持ち味なのです。

無理して天才や努力の人になろうとする必要はありません。

面倒くさがるという特徴を極めていくことから、工夫や行動が生まれます。

面倒くさがることが、自分を変え、仕事を変え、物事の見方を変える。

努力をする方向を間違えないために考えることが工夫です。

工夫と努力の違いは、そこに強い意志が必要かどうか。常に気合が必要な努力に対して、効率的に成果を出す方法を極めた工夫は、気合を必要としません。

工夫とは、努力して得られる成果を苦痛なく得る方法を考えることです。
努力と工夫を間違えない。

いいねっと思ったら、シェアお願いします。



〜ドタバタ育自日記〜

未来ある子供たちへ 迷っている時、困っている時、暗く先が見えない時、 ほんの少しでも、道しるべになるようにと 「灯台」をモチーフにしました 育児や日々の体験を通して、 出逢ったコト・小さな気付き・学びを ランダムに綴り送ります 大抵の事は笑顔で乗り切れる 〜 time is life 〜

0コメント

  • 1000 / 1000